So-net無料ブログ作成

「アバター」再編集版が、今夏全米で再公開へ?

写真拡大追加8分を見に劇場へ!?(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved. ジェームズ・キャメロン監督と20世紀フォックスが、未公開映像を加えた「アバター」再編集版の全米再公開を企画していることが明らかになった。米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、再公開の時期は今年の晩夏ごろを予定。おもに3DおよびIMAXシアターでの上映となる。またその際には、現在公開中の162分バージョンには含まれなかった未公開シーンが追加されるとのことだが、アナログIMAXシアターで上映できるのは最長170分までとなっているため、おそらくその範囲に収められることになりそうだ。ただし、再公開の理由はあくまでも興行面にある。12月18日に全米公開された「アバター」は、3月に入っても北米2456スクリーン(うちIMAXが179)で上映されていたが、3月5日にティム・バートン監督の3D大作「アリス・イン・ワンダーランド」が公開されると、その規模は2163スクリーン(うちIMAXが8)へと縮小。結果的に、その週の興収は前週比41%のダウンとなった。「アリス・イン・ワンダーランド」は、「アバター」を超えるオープニング週末興収1億1630万ドル(約105億円)で全米映画史上歴代6位の大ヒットスタートを切っており、つまり「アバター」が近々3D上映館を取り戻す術もないということになる。すでに全世界で26億ドル以上の興行収入を稼いだ「アバター」だが、キャメロン監督含めたプロデューサーたちはまだまだ満足していないようだ。

ポルノは人間にとって悪いものではない

insiderman 曰く、やや旧聞になるが、米国のサイエンス系メディアTheScientist.comが「Porn: Good for us?」という記事を掲載している。「科学的な調査の結果、ポルノが増えると性犯罪が減る、という傾向がある」という内容だ。「ポルノ有害論」は昔からささやかれており、その一つにポルノに触れることで性犯罪を誘発する、というものがある。そのため、「ポルノは違法であるべきだ」と主張する人々も少なくない。いっぽうでポルノは「ファンタジー」であり、暴力的な性的欲求を解消できる有用なものという議論もある。これらの意見に対し、記事では近年「ポルノと性犯罪の相関」について多くの研究が行われているとし、「ポルノが増えても性犯罪は増加しない、減ることもある」という結論が多く導き出されていると述べている。ポルノと性犯罪に関する調査では、性犯罪者に対する調査やインタビュー、ポルノが人間心理に与える影響など、さまざまなものが行われているが、これらのうち「ポルノの入手しやすさ」と反社会的な行動や性犯罪に関連がある、ということを示せたものはわずかしか無かったそうだ。さらに、「関連がある」ということを示したわずかな調査においても、ポルノと性犯罪などに直接相関関係がある、ということを示せたものは無かったとのこと。また、記事ではほかにも「ポルノの入手しやすさ」と性犯罪との関係を示した世界各国の調査などを例に、ポルノと性犯罪には関連性はない、「多くの性犯罪者はポルノを使っていた」という議論は無意味だ、などと述べられている。スラッシュドットのコメントを読む | 検閲関連ストーリー:PC内のエロ画像を一網打尽にする「Porn Detection Stick」 2010年03月13日エロ漫画7冊所持の米国人男性、児童ポルノ禁止法違反で懲役6カ月 2010年02月16日オランダで獣姦や獣姦ポルノを違法とする法案が可決 2010年02月04日オーストラリア、貧乳の女性が出演する成人向け映画を禁止に 2010年02月02日

渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目

デビューシングルからリリースを重ねるごとに、着実にチャート最高位を上げている渡り廊下走り隊。今度の「アッカンベー橋」は何位を目指すかと報道陣に問われると、リーダーの平嶋夏海(写真左)は「夢は大きく、トップ3入り!」と宣言した。渡り廊下走り隊がニューシングル「アッカンベー橋」を明日3月17日にリリース。これを記念して本日16日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて握手会イベントを行った。今回のシングルから、新メンバーの菊地あやかが加わり5人編成になった渡り廊下走り隊。この日はリリース直前の番外編企画として、限定1000人のみが握手会に参加できるレアなイベントとなった。ステージに登場した5人は、まず新曲「アッカンベー橋」を披露。大人数で踊れるフォークダンス調の振り付けを笑顔で踊るメンバーに、客席からは大歓声が送られた。この異色ナンバーを初めて聴いたときの感想を求められると、メンバーの平嶋夏海は「最初は『なんだこのタイトルは?』と思って、内容もフォークダンスナンバーなのでビックリ。でも、歌っているうちにこの曲がだんだん好きになりました」とコメント。渡辺麻友は「教育番組で聴くような曲でビックリ。でも今は大好きです」、仲川遥香は「AKB48では歌えない曲。若いメンバーだから歌えます」と言って集まったファンを笑わせた。また、新加入の菊地あやかは今日のイベントについて「最初はすごい緊張したけど、ファンの皆さんの声援があたたかくて楽しくやれました」と率直に発言。続けて、「早く渡り廊下走り隊のメンバーとして、皆さんに認めてもらえるようにがんばります!」と力強く宣言した。この後、渡り廊下走り隊は「完璧ぐ〜のね」を5人バージョンで初披露。さらにもう一度「アッカンベー橋」を歌い、ミニライブを終えた。なお、このイベント中には渡り廊下走り隊によるスクールコラボレーション企画第1弾についても発表。振り付けに大人数で踊れるフォークダンスを取り入れた「アッカンベー橋」を、渡り廊下走り隊と一緒に踊りたい子供たちを募集する。日本国内の小学校および6〜12歳の在籍を中心としたサークル、非営利団体主催によるイベント行事が対象となり、応募〆切は5月31日。詳細は渡り廊下走り隊のオフィシャルサイトで確認を。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。