So-net無料ブログ作成
検索選択

「アバター」再編集版が、今夏全米で再公開へ?

写真拡大追加8分を見に劇場へ!?(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved. ジェームズキャメロン監督と20世紀フォックスが、未公開映像を加えた「アバター」再編集版の全米再公開を企画していることが明らかになった。米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、再公開の時期は今年の晩夏ごろを予定。おもに3DおよびIMAXシアターでの上映となる。またその際には、現在公開中の162分バージョンには含まれなかった未公開シーンが追加されるとのことだが、アナログIMAXシアターで上映できるのは最長170分までとなっているため、おそらくその範囲に収められることになりそうだ。ただし、再公開の理由はあくまでも興行面にある。12月18日に全米公開された「アバター」は、3月に入っても北米2456スクリーン(うちIMAXが179)で上映されていたが、3月5日にティム・バートン監督の3D大作「アリス・イン・ワンダーランド」が公開されると、その規模は2163スクリーン(うちIMAXが8)へと縮小。結果的に、その週の興収は前週比41%のダウンとなった。「アリス・イン・ワンダーランド」は、「アバター」を超えるオープニング週末興収1億1630万ドル(約105億円)で全米映画史上歴代6位の大ヒットスタートを切っており、つまり「アバター」が近々3D上映館を取り戻す術もないということになる。すでに全世界で26億ドル以上の興行収入を稼いだ「アバター」だが、キャメロン監督含めたプロデューサーたちはまだまだ満足していないようだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。