So-net無料ブログ作成
検索選択

渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目

デビューシングルからリリースを重ねるごとに、着実にチャート最高位を上げている渡り廊下走り隊。今度の「アッカンベー橋」は何位を目指すかと報道陣に問われると、リーダーの平嶋夏海(写真左)は「夢は大きく、トップ3入り!」と宣言した。渡り廊下走り隊がニューシングル「アッカンベー橋」を明日3月17日にリリース。これを記念して本日16日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて握手会イベントを行った。今回のシングルから、新メンバーの菊地あやかが加わり5人編成になった渡り廊下走り隊。この日はリリース直前の番外編企画として、限定1000人のみが握手会に参加できるレアなイベントとなった。ステージに登場した5人は、まず新曲「アッカンベー橋」を披露。大人数で踊れるフォークダンス調の振り付けを笑顔で踊るメンバーに、客席からは大歓声が送られた。この異色ナンバーを初めて聴いたときの感想を求められると、メンバーの平嶋夏海は「最初は『なんだこのタイトルは?』と思って、内容もフォークダンスナンバーなのでビックリ。でも、歌っているうちにこの曲がだんだん好きになりました」とコメント。渡辺麻友は「教育番組で聴くような曲でビックリ。でも今は大好きです」、仲川遥香は「AKB48では歌えない曲。若いメンバーだから歌えます」と言って集まったファンを笑わせた。また、新加入の菊地あやかは今日のイベントについて「最初はすごい緊張したけど、ファンの皆さんの声援があたたかくて楽しくやれました」と率直に発言。続けて、「早く渡り廊下走り隊のメンバーとして、皆さんに認めてもらえるようにがんばります!」と力強く宣言した。この後、渡り廊下走り隊は「完璧ぐ〜のね」を5人バージョンで初披露。さらにもう一度「アッカンベー橋」を歌い、ミニライブを終えた。なお、このイベント中には渡り廊下走り隊によるスクールコラボレーション企画第1弾についても発表。振り付けに大人数で踊れるフォークダンスを取り入れた「アッカンベー橋」を、渡り廊下走り隊と一緒に踊りたい子供たちを募集する。日本国内の小学校および6〜12歳の在籍を中心としたサークル、非営利団体主催によるイベント行事が対象となり、応募〆切は5月31日。詳細は渡り廊下走り隊のオフィシャルサイトで確認を。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。